12月 1 2018

金の買取・売却に、悪徳業者が多いのはなぜ?

金製品の買取価格は、極端にいえば業者の言いたい放題です。

しかし金買取の知識なら素人でも簡単に身につきます。

だからこそ悪がはびこる温床にも~。

気をつけてください。

◇儲かるところには詐欺もペテン師も集まる。

金の取引に悪徳業者が多いのは、残念ながら事実です。

分かりやすく言えば金は儲かるから。

特定のルートを使って横流しするだけで手数料収入が入ります。

しかもその手数料が莫大な額に膨れあがる組織化されたルートなど、日本にもどこの国にもあります、とはいえそうした組織が私たちに直接的に働きかけてくることはないので安心してください。

◇売買のしやすさが悪の温床にもなってきた。

金の純度の計算方法や価値を判定するための計算方法、さらに相場価格の基準となる市場まで、金の市場は国際基準で統一されオープンな環境にあります。

その利点が、返って悪徳業者に付け入る隙を与えてしまっているのかも知れません。

たとえば金の訪問買取などは、消費者の無知をいいことにホントは高価な金製品なのに、価値がない、ニセモノだと言って無理やり買取ってしまうケースさえあります。

◇どんな業界・職業にでも、儲かるところには悪がはびこります、日頃から金製品の純度や価値などの基礎知識をもって対応しましょう。

金の相場や質量・純度、金製品の価値の計算方法など、一通り知っておくと詐欺まがいの悪徳業者を撃退する武器になります。

買取業者の手数料は、買取価格の20~30%が上限。

それより高いことを言い出したら買取の依頼を取り消しましょう。

Comments are closed.