11月 5 2018

金製品の買取でもっとも注意すべきはブランド品の見立て?

金製品のブランドものは、鑑定人が3人いれば3人とも評価額に差が出ます。

鑑定人の様子をよく観察して判断しましょう。

◇キャリアによって評価が異なる金製品。

金の純度を測る計算方法や相場は客観的に出てしまうものですが、たとえば大切にしている金がブランド品になると鑑定人によって評価が違ってきます。

それはその鑑定人の経験値、キャリア、知識などの差異に左右されます。

質問者が言うように、ブランド品は個人差が出てしまうので、簡単に買取に出したり売却を決めたりしないほうがいいでしょう。

◇買取りしてもらうかどうかの3ポイント。

ではどのように売却の最終決断をしたらいいかというと、「ネットで信頼できる金の買取店を探す」、「実際に出かけて行って鑑定人の様子を観察する」、「何軒か金の買取店をまわって、もっとも評価の高かった(買取価格が)店に決める」の3つのポイントがあります。

金の買取には自信があっても、ブランド品の評価にはバラツキがある~そんな鑑定士はけっこういるものです。

◇金の純度の計算方法や相場の見方はプロにとっては初歩的なもの。

しかし金製品の鑑定や査定には個人差が出ます。

計算方法は計算すればすむことだし、相場はイギリス・アメリカの相場から、日本でも確認できます。

金製品の鑑定で重要なのは何といっても鑑定士の目利きと知識、キャリアです。

自信のある鑑定士なら結果を告げるのが早いし、語尾もハッキリしています。

自信がなければ時間がかかって頼りない告げ方になります。

もしも納得できなかったら、別の店を当たりましょう。

Comments are closed.